車両系建設機械運転技能講習
車両系建設機械とは、整地・運搬・積込みができる掘削用機械で、具体的には、ブルドーザ・モータグレーダ・トラクターショベルおよび油圧ショベルなどです。

試験は筆記試験と実技試験があり、1年に1回の実施です。(本校では9月下旬)期間中は東村の沖縄産業開発隊の宿舎に泊まり込みで筆記・実技講習を受け、試験にのぞみます。

この資格を取得すると、車両系建設機械を使用した整地・運搬・積込みおよび掘削業務に従事できます。

対象:熱帯農業科(3年生)、園芸工学科(3年生)、林業緑地科(3年生)、定時制課程農業科(3・4年生及び18歳以上の生徒)