ナゴラン着生教室【園芸工学科】
陽気な天気と満開に咲いた名護城の桜に迎えられ、名護青少年の家で毎年恒例の「ナゴラン着生教室」を行いました。(平成28年1月31日)

沖縄本島北部に自生していた「ナゴラン」は可憐な形と芳香を有することから乱獲にあい、現在では「絶滅危惧植物(CR)」に指定されています。この事業は、ナゴランの栽培や着生方法をとおして、絶滅危惧植物の実態と環境を考える機会にする目的で実施しています。

事業内容 1 研究発表@ナゴランについて(特性、栽培方法、着生方法)  2 研究発表Aインビトロプランツの研究について 3 実演及び実技指導 ナゴランの着生法

参加者の中には、毎年参加されている方、中南部からの方など様々でした。しかしナゴランに関心の高い方々ばかりでした。その中で多くの質問や激励のお言葉をいただき、本校生徒も有意義な1日になりました。