赤土等流出防止!グリーンベルト植栽実習(林業緑地科)
林業緑地科では昨年からNPO法人おきなわグリーンネットワークさんと連携し、赤土等流出防止に関する学習会(グリーン主催)と植栽実習を行い、環境保全に対する意識向上に取り組んでいます。

グリーンベルトとは赤土等が雨や台風などで、海や河川に流れ出て珊瑚やその他生物を死滅させるのを防ぐ為に、畑の外周に植物を植え付けることをいい、今年も「ベチバー」という植物を実際に名護市伊差川にある農家さんの畑に植えました。

最後に農家さんから「今年も皆さんのおかげでグリーンベルトが出来ました。ありがとう」とのお言葉があり、生徒代表2−3瀬戸和澄くんが「今日は貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。今後も成長観察などをしながら手伝います」と挨拶しました。