林業緑地科みどり環境コース!
本校林業緑地科、みどり環境コースは県内で唯一キノコ栽培が「専門的」に学べる場所です。その理由としてやんばるの豊富な森林資源が挙げられます。シイタケ菌床の材料となる「イタジイ」のオガコ入手が容易であり、キノコ類の発生に重要な環境温度(17℃〜23℃)も揃っている、といったやんばる地域の特性も活かした授業がキノコ栽培なのです!

先日、琉球新報社さんが取材に来ました。記者の方は菌床作成から種菌の接種などを体験され、その様子が新聞にも掲載されました!今後も「見て面白い」「食べて健康」な北農産キノコ栽培の研究にとり組んでいきます!