センター実習@熱帯農業科3年畜産コース
先日、熱帯農業科の畜産コースである生徒5名が課題研究の一環で、沖縄県立総合教育センターにて実験を行いました。

今回行った実験は ブロイラー肉とチャーグー肉のアミノ酸分析。 オリジナル飼料との比較を行いました。

実験の際に講師の先生から説明を受け、試薬の調整を行い液体クロマトグラフィーと呼ばれる装置にて分析を行いました。 様々な実験器具を初めて使用する生徒は真剣そのもの!大学や研究機関で利用される程の機械と聞いてさらに緊張感が高まっている様子でした。

実験を終えて生徒達は充実感でいっぱいの表情。 今後は分析結果を含め、課題研究のまとめに入っていきます。 実習の受け入れと実験をご指導頂きました沖縄県立総合教育センターの皆様に、心から感謝申し上げます。