農業クラブ活動報告
首里城再建!台風19号被災地へ支援!頑張ろう沖縄、頑張ろう日本。
去った12月7・8日に農業祭が行われました。農業クラブでは、豚汁と芋煮(東北地方の郷土料理)をバザーとして販売しました。販売した売り上げは、首里城再建の資金と台風19号被災地へ義援金として納めました。

10月に行われたFFJ大会南東北大会に参加する直前に、台風19号による甚大な被害が日本各地を襲いました。その被害状況から大会開催も不安視される中、予定通り開催されました。しかし、大会会場に移動する新幹線の車窓からは氾濫した河川や風にあおられて折れた木々など、台風の爪痕を目の当たりにしました。 大会に参加した農ク会長から「何かしよう!」ということで、北部農林で何ができるか?みんなで意見を出し、バザーで南東北(宮城県)に義援金を送ろう!ということがきっかけでした。しかし、企画し動き始め出した矢先、10月31日未明に首里城が全焼してしまう事故が行ってしまい。首里城復興にも農クで取り組もう!という方向になり、実施することになりました。
バザーの売り上げの全部を首里城復興と台風19号被災地へ義援金として寄付させて頂きました。 お肉や出し骨、椎茸を無償提供して頂いた企業(やんばるミートプラザ様、中央食品加工様、生産法人NA-BA様)の皆様、またバザーの宣伝に社内ポスター貼って下さった丸金交通様、そして、バザーを購入して頂いた地域の皆様には誠に感謝申し上げます。今後とも北部農林高等学校農業クラブをどうぞよろしくお願いします。